一般社団法人 認知症予防協会へようこそ。認知症は早期発見、早期治療が重要です。

認知症をストップ!!生涯現役でいるために、認知症にまったをかけよう!

『マイナンバー』について

行政機関では、マイナンバーに関係する事で、確認の電話をしたり、メールを送信したり、訪問するなどの行為は致しません。『マイナンバー』に関連した話の電話やメールなどがきたら、"詐欺"の可能性が非常に高いので注意して下さい。

注意!認知症や軽度認知障害の方が狙われています!高齢者に多い消費者トラブル!
sagishi
・振り込め詐欺
身内の名前をかたり「事故を起こした」、「会社でトラブルを起こした」、「会社のお金を使い込んだのが見つかった。このままではクビになる」など緊急事態を装い、偽者の弁護士や偽者の警察官が事態を解決できるとなりすまし、迫真の演技で、電話をかわるがわる交代し、お金を払うように説得してきます。多額のお金を振り込ませたり、関係者を装い集金に来る詐欺。

・登録番号変更詐欺
身内の名前をかたり「携帯電話の番号が変わったから登録しておいて」と連絡してきます。2回目からの電話は、家の固定電話や携帯電話の表示画面に身内の名前が表示されるため、声が違っても〝身内から来た電話だ″と信じてしまいます。変更する前に、以前の登録番号先に必ず確認して下さい。

・健康食品詐欺
「これを飲むと癌や糖尿病が治る」と言って高額なサプリメントやドリンク剤等を売りつける詐欺。

・医療費や税金の還付金詐欺
「医療費や税金が戻ってきます」と電話で言われ指示に従うと銀行やコンビニのATMの機械まで誘導し多額のお金を振り込ませる詐欺。あなたの持っているカードの番号や暗証番号を聞き出し悪用する場合もあります。

・銀行員なりすまし詐欺
銀行員のフリをして電話をしてきます。通帳の番号や暗証番号の確認や変更と称して聞き出し悪用する詐欺。近所にある銀行の普通預金や定期預金の申込書等を突然送り付けてくる事もあります。その場合、申込書は本物ですが、暗証番号を事前に書き込んである為、それに気づかずに申し込みをすると預金を全額詐取されます。

・警察官や市区町村の職員になりすました詐欺
警察官や役所の職員のフリをして「あなたの個人情報がもれています。流出を止めるにはお金が必要です。」や「あなたの個人情報が流出しているので、その確認の為の電話です。」…等と電話をかけてきて、お金を振り込ませたり、詳細な個人情報を聞き出そうとします。 本物の警察や役所では、個人情報確認の電話は致しません。

・投資詐欺
老人ホーム入居権・オリンピック・会社の社債・未公開株・宝くじ・外国債・有名芸能人の名前を使った会社・金の先物・水ビジネス・太陽光発電ビジネス・風力発電ビジネス・外国の不動産…など綺麗なパンフレットを作り、信用できる言葉や儲かりそうな言葉を使い、嘘の投資話を勧めてきます。現実に存在している会社か、信用できる会社か必ず身内の方と確認して下さい。安易な儲け話はありません。絶対に話を聞かないで下さい。

・悪質な内職商法
内職募集のチラシを見て応募したら「仕事をするには、30万円する機械を買って下さい」と言われ購入したが、仕事は1か月分(2万円分)しかもらえなかった。…など機械を買わせるだけの悪質商法。
uncle
・悪質なマルチ商法
知人に「バックマージンで儲かるから一緒にしよう」と誘われ、友人も勧誘して、販売する商品を購入し始めたが、半年後バックマージンが突然入ってこなくなり、私と友人は在庫と借金だけが残った。…等以前からネズミ講と言われている商法。知り合いや親戚などを巻き込んで営業する事が多い為、被害が拡大していきます。

・悪質な送りつけ商法
事例①
突然自宅に「注文を受けた商品を送る」と電話があった。私は注文していないと言ったが「代金を払わないなら裁判になる」と脅されて商品が送られてきた。
※高圧的な場合、脅迫ですのでハッキリ断って下さい。
事例②
突然、宅配便で商品が送られてきた。次の日「商品の代金を払って下さい」と電話があった。私は頼んでいないと言ったら「箱を開けて確認したら返品できません」と言われた。
※身に覚えのない宅配便は受け取りを拒否しましょう。

・悪質なプレゼント商法
日用品などで使う原価の安い品物(ティッシュ・洗剤・サラダ油…等)を無料でたくさんプレゼントして、そのあと高額な健康食品や健康器具などの商品を売りつける。断りづらい心理に付け込んだ悪質商法。ハッキリ断って下さい。

・悪質な点検商法
上下水道点検・電気点検・消火器点検・シロアリ検査・耐震リフォーム検査…等 
突然、家に訪問してきて「無料で」と言って、点検や検査査定をしたあと、高額な請求の契約を迫ってきます。高圧的な態度で迫って来る事もあり、一人で対応すると断りきれない場合があります。契約する前に周囲の方に必ず相談して断って下さい。

※困ったときは、市区町村の消費生活相談窓口にご相談下さい。一人で悩まないで必ず相談して下さい。

※高圧的に脅され、怖いと感じた時は、すぐに最寄りの警察署に相談して下さい。
police
訪問販売や電話勧誘販売のクーリングオフで契約を解除できるのは、8日以内です。
マルチ商法と内職商法のクーリングオフで契約を解除できるのは、20日以内です。

※ご自宅に突然変な電話がきた時は、悪質な名簿業者に情報が流出している可能性があります。一度情報が流出してしまうと名簿回収は不可能です。詐欺撃退の電話機をつけるか、電話番号を変更する等、周囲の方に相談しながら対応を考慮して下さい。


 
見ること!聞くこと!

高齢の方は、認知機能低下を防ぐ為に、眼科と耳鼻咽喉科の定期受診をおすすめします。

『視力に関係する脳神経』は、一次視皮質、角回、感覚性言語中枢、弓状束、運動性言語中枢、運動中枢…等
『聴力に関係する脳神経』は、一次聴皮質、 感覚性言語中枢、弓状束、運動性言語中枢、運動中枢…等

視力や聴力はともに、多くの脳神経に深く関わっています。視力と聴力を健全に保つ事は認知症予防にも繋がります。白内障の方や難聴の方は、さまざまな治療法があり手術等で治る可能性もあります。是非専門医にご相談下さい。

認知症の多くはアミロイドβとタウタンパク質の蓄積によって引き起こされる脳神経細胞の死滅が原因です。

・アミロイドβ……脳神経細胞の老廃物で蓄積が続くと脳神経細胞先端部を傷つける物質
・タウタンパク質…脳神経細胞の中に蓄積し神経細胞そのものを死滅させる物質

初期段階ではアミロイドβの蓄積から始まりその約10年後からタウタンパク質の蓄積が始まります。それから更に約15年間アミロイドβとタウタンパク質は蓄積を続け、脳神経細胞を死滅させ認知症を発症させます。発症は初期段階から約25年かかります。認知症は70歳頃からの発症率が高い為、その多くは〈70歳-25年間=45歳〉45歳頃からアミロイドβの蓄積が始まっている事になります。45歳を過ぎたら認知症予防を始めましょう。

自分の脳は自分で守る。認知症は、老化ではなく病気です。

認知症は認識力、記憶力、判断力など脳の機能が低下する病気です。初期症状がでてから専門医にいくまで大半の人が2年以上もかかっています。初期の段階での受診がもっとも必要とされています。特に若年認知症は進行が早いため早期発見・早期治療が重要です。

現在認知症患者数は530万人を超えています。

あなたの「ど忘れ」は認知症?老化現象?認知症は早期発見、早期治療が重要です。

・言葉がつまることはありませんか?
・物忘れがある、最近忘れっぽくありませんか?
・仕事や家事はスムーズにできていますか?

相談窓口になっている地域包括支援センターは、全国に約4500ヶ所設置されております。サブセンター、ブランチを含むと約7200ヶ所設置されております。

ninchi-img001都市部の地域包括支援センターでは、高齢者の急激な増加にとても対応しきれていないのが現状です。現在の地域包括支援センター職員の人数では限界があり、地域の方々の協力が必要不可欠です。特に都市部にお住まいの方に、自分から進んで相談に行ってもらわないと状態が深刻化する恐れがあります。

「知らないところに相談したくない」と言う方は、まず信頼してる掛かりつけの医師にご相談下さい。不安な方はひとりで悩まずご相談下さい。認知症は早期の診断、早期の治療が最も重要です。

認知症に関するご相談は、全国にある「認知症疾患医療センター」又は「地域包括支援センター」にご相談下さい。

成年後見人制度(任意後見契約)
自分で指名する場合の任意後見契約などにかかる一般費用
任意後見契約時の費用
・公正証書作成の基本手数料……………11.000円
・法務局への登記嘱託手数料……………1.400円
・登記印紙代………………………………4.000円
・用紙代……………………………………250円×枚数
・任意後見契約書作成費用………………50.000円~150.000円
任意後見開始後の費用
・裁判所への申立費用……………………約20.000円
・任意後見監督人報酬……………………月額10.000円~30.000円
・任意後見人報酬…………………………月額20.000円~50.000円
後見人報酬と後見監督人報酬は、弁護士又は、行政書士に相談しながら決めて下さい。
※詳しくは、最寄りの弁護士事務所又は、行政書士事務所にご相談下さい。

・介護や看病疲れを動機とする殺人事件  警視庁発表
 年間50件前後発生  6年間で266件発生
 加害者の中には、介護や看病に責任感を持ち真面目にしていた方も多くみられる。

・厚生労働省発表  平均寿命と健康寿命
 平均寿命 女性86.61歳 男性80.21歳
 健康寿命 女性74.21歳 男性71.19歳
平均寿命から健康寿命を引くと、女性で12.4年、男性で9.02年の開きがあります。
長生きするほとんどの方は、何らかの病気と関係してきます。
健康寿命を伸ばす為、健康を保ち続けるための運動をしましょう。


 
近年、G8認知症サミットが開催されるなど認知症対策は、世界が一丸となって取り組まなければならない大きな課題となっております。認知症には、完治できる治療薬が無い為、一人一人に認知症と言う病気を意識してもらい、予防に取り組んでいただきたいのです。認知症を予防する上で特に大切な事は、運動の継続です。しかし一言で運動の継続と言ってもなかなか容易な事ではありません。運動が苦手な方や自分に合った運動の仕方がわからない方は、スポーツクラブなどに通い指導員に運動プログラムを用意してもらうなど、無理なく続けられる運動環境作りから始めると良いでしょう。皆様の健康を心から願い認知症予防の周知徹底に務めてまいります。
kaichou_main

一般社団法人 認知症予防協会

山形県山形市飯田2丁目11ー8
代表 023ー665ー0366
(こちらは相談窓口ではございません)
E-mail info@ninchi-k.com
(相談メールは受け付けておりません)

※一般の方からの認知症の相談やホームページに関するご質問等は、大変申し訳ありませんが全てお断りしております。

《著作権について》
公共に携わる方(区市町村役所の方・地域包括支援センターの方・警察の方・病院の方・薬局の方や医師・看護師・薬剤師等の方)は、当協会ホームページ内の認知症自己診断テスト、文章、バナー、リンク先等、全て著作権フリーで自由に使用できます。使用報告等必要ありません。

~認知症予防協会~
・認知症予防広報活動
・専門保険員による公的介護保険制度連動年金保険、認知症対応介護保障保険等の説明会。
・福祉用具専門相談員による認知症徘徊感知機や福祉用具選定の注意点等の説明会。

認知症に関するご相談は、全国にある「認知症疾患医療センター」又は「地域包括支援センター」にご相談下さい。


KF087_72As

~募金の御協力をお願いしています~

認知症予防活動は、みなさまのあたたかい寄付によって支えられています。

みずほ銀行 
兜町支店(カブトチョウシテン)
普通預金口座 
口座番号 2195315
一般社団法人認知症予防協会
シヤ)ニンチシヨウヨボウキヨウカイ